共有SSLの設定

対象サービス:スタンダート、プレミアム、ビジネス、ビジネスプロ、マネージド

共有SSLの設定をご紹介します。

前提条件

注意事項

  • お試し期間中は利用できません。本登録後、ご利用可能です。
  • 共有SSL機能が設定されているドメインは、設定の解除を行わないと削除ができません。
  • ドメイン毎に利用設定が可能です。
  • 名前解決が行えないドメインや、サーバへ追加した直後のドメインは設定できません。
  • 独自SSL機能と併用することはできません。
  • 「さくらのブログ」との併用はできません。
  • サイトシールはご用意していません。
  • 共有SSLでのアクセスに www を付けることはできません。
    共有SSLにてご利用可能なURL
    • https://初期ドメイン/
    • https://secureNNN.sakura.ne.jp/独自ドメイン/

    共有SSLにてご利用不可能なURL
    • https://www.初期ドメイン/(ウェブブラウザにて警告が出ます。)
    • https://secureNNN.sakura.ne.jp/www.独自ドメイン/(「404 Not Found」となります。)
  • 共有SSLを設定したドメインは、初期ドメイン・独自ドメインを問わず「http://ドメイン名/」でのアクセスもできますが、制限することはできません。
    アクセスできるドメイン
    • http://初期ドメイン/
    • https://初期ドメイン/
    • http://独自ドメイン/
    • https://secureNNN.sakura.ne.jp/独自ドメイン/
  • 独自ドメインによる共有SSLのご利用については、同じホスト名を複数のユーザで共有しているため、 以下のような問題が発生する場合があります。
    • Cookie 内容の盗聴(パスの指定方法にかかわらず)
    • HTTP 認証の回避
    • ブラウザのプラグインがサーバと通信する内容の傍受、など

    このため、独自ドメインでのご利用については、非推奨とさせていただいております。
  • その他、共有SSLをご利用いただく上でご注意いただきたい事項は、『共有SSLの注意点』のページでもご紹介しています。

使用している証明書について

共有SSL用に用意している証明書は GoDaddy,Inc. のものを使用しています。Internet Explorer や Mozilla / Firefox、Opera 等のウェブブラウザにおける動作は確認していますが、製造年月日が古い携帯電話等、証明書がインストールされていないウェブブラウザからアクセスすると、証明書が検出できずエラーになることもあります。アクセスする携帯電話端末が対応しているかどうかは、各提供元へお問い合わせください。

ページの先頭へ

初期ドメインで利用する場合

初期ドメイン名が「 example.sakura.ne.jp 」である場合、共有SSLを有効にすると、「 https://example.sakura.ne.jp/ 」でアクセスできるようになります。

STEP 1サーバコントロールパネルログイン

1サーバコントロールパネルへログインします。

サーバコントロールパネル

STEP 2共有SSLの設定

1画面左側のメニューより『 ドメイン 』をクリックします。

さくらのレンタルサーバ(スタンダード、プレミアム)の場合

サーバコントロールパネル

さくらのレンタルサーバ(ビジネス、ビジネスプロ)、さくらのマネージドサーバの場合

サーバコントロールパネル

2共有SSLを設定するドメイン名の右側にある項目から、『 変更 』を選びます。

サーバコントロールパネル

3共有SSLを利用する 』を選択し、『 送信 』を押します。

サーバコントロールパネル

※ 初期ドメインはマルチドメイン設定ができないため、www ディレクトリ(フォルダ)が共有SSLの対象ディレクトリ(フォルダ)となります。

ページの先頭へ

独自ドメインで利用する場合(※非推奨)

共有SSLを設定したいドメイン名が独自ドメインである場合、収容サーバ名を含んだURLになります。
例えば、独自ドメイン名が「 example.com 」である場合、共有SSLを有効にすると、「 https://secureNNN.sakura.ne.jp/example.com/ 」でアクセスできるようになります。

※ 「NNN」は収容されているサーバと同じ数字です。

注意事項

  • 独自ドメインでのご利用については、同じホスト名を複数のユーザで共有しているため、以下のような問題が発生する場合があります。
    • Cookie 内容の盗聴(パスの指定方法にかかわらず)
    • HTTP 認証の回避
    • ブラウザのプラグインがサーバと通信する内容の傍受、など

    そのため、独自ドメインでのご利用については、非推奨としております。

STEP 1サーバコントロールパネルログイン

1サーバコントロールパネルへログインします。

サーバコントロールパネル

STEP 2共有SSLの設定

独自ドメインはマルチドメイン設定が可能となっています。
以下、「 pub_ssl 」というディレクトリ(フォルダ)に対して共有SSL設定を行う方法をご紹介します。

※ マルチドメイン設定を利用しない設定も可能です。

1「ファイルマネージャー」もしくはFTPソフト等を用いて「 pub_ssl 」ディレクトリ(フォルダ)を作成します。
「 pub_ssl 」というディレクトリ(フォルダ)名は一例です。

ファイルマネージャー

2画面左側のメニューより『 ドメイン 』をクリックします。

さくらのレンタルサーバ(スタンダード、プレミアム)の場合

サーバコントロールパネル

さくらのレンタルサーバ(ビジネス、ビジネスプロ)、さくらのマネージドサーバの場合

サーバコントロールパネル

3共有SSLを設定するドメインの右側にある項目から、『 変更 』を選びます。

サーバコントロールパネル

4「指定フォルダ」に『 pub_ssl 』と入力し、『 共有SSLを利用する 』を選択します。

サーバコントロールパネル

5メッセージウィンドウが表示されます。問題がなければ、『 OK 』を押します。

サーバコントロールパネル

6送信 』を押します。

サーバコントロールパネル

補足

サーバコントロールパネル

「このドメインでは利用できません」というエラーメッセージが表示される場合、以下のような原因が考えられます。

  • ドメインの参照先がさくらのレンタルサーバではない
  • ドメイン名をIPアドレスへ変換できない(正引きができない)
  • サーバコントロールパネルに追加した直後である
  • 自身が所有しているドメインではない
レンタルサーバ
ログイン

レンタルサーバの
メンテナンス・障害情報

現在 1 件の報告があります

お問い合わせはこちら

消費税増税に関するお知らせ